クリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違い

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いは、どのようになって
いるのでしょうか?

 

 

シャスタ産は水源がアメリカ合衆国カリフォルニア州北部のマウントシャスタ、
オランチャ産はアメリカ合衆国カリフォルニア州のオランチャです。

 

 

どちらも軟水ミネラルウォーターですが硬度が少し違っていて、
オランチャ産の硬度が29mg/L高くなっています。

 

 

硬度とは水の中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を
数字で表したもので、その数字が少ない水が軟水、多い水が
硬水です。

 

 

シャスタ産の硬度(1L当たり)   38mg/L
オランチャ産の硬度(1L当たり)  67mg/L

 

 

日本の水道水の硬度は、

 

関東  約68mg/L
近畿  約45.1 mg/L

 

など、日本の水道水のほとんどは硬度の低い軟水であり、日本
産のミネラルウォーターもほとんど軟水です。

 

 

軟水はカルシウム、マグネシウムのミネラルが少ない水であり、
くせがなくまろやかで飲みやすく、体への負担が少ない水です。

 

 

一方硬水はカルシウム、マグネシウムのミネラルが多い水で、
体質改善等の作用もありますが体に負担になる場合があり、
苦味など独特の味が特色です。

 

 

軟水を飲み慣れている日本人には、シャスタ産とオランチャ産
はどちらも飲みやすくなじみ易い口当たりです。

 

 

成分についてのクリスタルガイザー シャスタとオランチャの違い
の一つとして、バナジウムがあります。

 

 

シャスタ産には100mlあたりバナジウムが5.5μg含まれてい
ますが、オランチャ産にはバナジウムが含まれていません。

 

 

バナジウムは天然ミネラルの一種で超微量元素であり、血糖
降下作用やコレステロールの沈着を防ぐ作用があると考えられ
ています。

 

 

シャスタ産は主に正規輸入品として大塚食品が正規輸入者とな
り、日本国内で販売されています。

 

 

オランチャ産は並行輸入品として日本国内で販売されています
が、価格の安さがメリットとなっています。

 

 

正規輸入品のシャスタ産は殺菌、検査体制が厳格であり、品
質が安定しています。

 

 

正規輸入者大塚食品の徹底したコスト削減により、並行輸入品
並みの激安価格を実現しました。

 

 

さらに一部地域を除き送料無料です。

 

 

並行輸入品としてシャスタ産とオランチャ産の両方の採水地が
ある販売店では、購入するときにどちらかを選ぶことはできま
せん。

 

 

並行輸入品を通販で購入すると、送られてくるのはオランチャ
産が多くシャスタ産が送られてくるのは多くありません。

 

 

味についてのクリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いが分
かる人には、シャスタ産の方が美味しいと感じられるようです。

 

 

ただし個人差があって味の違いが分からない人もいます。

 

 

⇒正規輸入品のクリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違い | 正規品と並行輸入品

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いの一つとして、
正規輸入品(正規品)と並行輸入品の違いがあります。

 

 

正規輸入品は、日本の総代理店(特定の地域や市場について
独占的に販売権を保持している代理店)を通して輸入している
商品です。

 

 

並行輸入品とは日本の総代理店以外の輸入業者が、総代理店の扱う
ものと同じ商品を原産国や第三国の総代理店から輸入した商品です。

 

 

多くは高い価格の商品を安く輸入するために並行輸入か行われます。

 

 

通常並行輸入品の価格は正規輸入品より安くなっています。

 

 

正規輸入品のクリスタルガイザー シャスタはマウントシャスタ産であり、
正規輸入者の大塚食品が輸入元です。

 

 

この正規輸入品の水源は、アメリカのカリフォルニア州
マウント・シャスタ1ヶ所に限定されています。

 

 

そのため正規輸入品はシャスタ水源のみとなっています。

 

 

並行輸入品にはクリスタルガイザーオランチャとシャスタがあります。

 

 

クリスタルガイザーの並行輸入品の水源は2箇所あり、アメリカ
のカリフォルニア州のオランチャとウィード・シャスタです。

 

 

並行輸入品がオランチャ産とシャスタ産の2種類ある購入の場合、どちらが
送られてくるか分かりません。

 

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いの一つとして、個人差はあります
が味の違いがあります。

 

 

クリスタルガイザーの味の違いが分かる人には、オランチャ産よりシャスタ産の方
が人気があります。

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違い | 成分

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いとして、成分はどのように
なっているのでしょうか?

 

 

正規輸入品のシャスタと並行輸入品のオランチャの100mlあたりの
成分表は次のようになっています。

 

 

成分

カリフォルニア・シャスタ水源(正規輸入品) カリフォルニア・オランチャ水源(並行輸入品)

エネルギー

0kcal

0kcal

たんぱく質

0g

0g

脂質

0g

0g

炭水化物

0g

0g

ナトリウム

1.13mg

1.91mg

カルシウム

0.64mg

2.24mg

マグネシウム

0.54mg

0.27mg

カリウム

0.18mg

0.26mg

バナジウム

5.5μg

―――

硬度

38mg/L

67mg/L

 

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの違いとして両者を比較してみると、シャスタ産
はオランチャ産よりマグネシウムは多いが、ナトリウム、カルシウム、カリウムは少なく
なっており、バナジウムはオランチャ産には含まれていません。

 

 

バナジウムとは天然のミネラルの一種で、コレステロールの沈着を防ぐと
考えられている超微量元素です。

 

 

そば、豆腐、イワシ、わかめ、あさり、ひじきにもバナジウムが含まれています。

 

 

またクリスタルガイザー シャスタ水源の硬度はオランチャ水源の硬度より、
29mg/L低くなっています。

 

 

日本のほとんどの天然水ミネラルウォーターが硬度の低い軟水であり、
飲みやすいまろやかな味が特徴です。

 

 

クリスタルガイザ―も軟水ですが、より硬度の低いシャスタ水源は、より日本
人になじみ易いかもしれません。

クリスタルガイザーの見分け方、シャスタとオランチャの違い

クリスタルガイザーの見分け方でシャスタとオランチャの違いとは?

 

 

アメリカのミネラルウォーター、クリスタルガイザーは産地により
2種類あります。

 

シャスタとオランチャの違いは産地の違いてす。

 

産地にはシャスタ産とオランチャ産があって、その違いにより
成分や硬度の違いがあります。

 

水源はどちらもカリフォルニア北部ですが、

 

・クリスタルガイザー シャスタ産  カスケード山脈のマウントシャスタ山  

 

・クリスタルガイザー オランチャ産 シェラネバダ山脈のオランチャ山

 

という水源の違いがあります。

 

 

またクリスタルガイザーには、輸入方法によって並行輸入品と
正規輸入品の二つがあります。

 

・正規輸入品   日本の正規代理店である大塚食品が日本に
          輸入したもの

 

・並行輸入品   日本の正規代理店が係わらないで、海外
          から日本に輸入されたもの

 

 

日本国内に多く出回っているものは基本的に、

 

・正規輸入品であるクリスタルガイザー シャスタ

 

・並行輸入品であるクリスタルガイザー オランチャ

 

の二種類です。

 

 

上の二種類において、クリスタルガイザーの見分け方としてシャスタ
とオランチャの違いはどのようなものであるかをまとめてみました。

 

 

 

クリスタルガイザーの見分け方は、ボトルのラベルを見る

 

 

クリスタルガイザーの見分け方として、ボトルのラベルを見ると
シャスタとオランチャの違いが分かります。

 

山のイラスト

 

・クリスタルガイザー シャスタ産
 マウントシャスタ山の二つの山だけがある。  

 

・クリスタルガイザー オランチャ産 
 シェラネバダ山脈の多くの山々がある。

 

 

またボトルのラベルの表記にも違いがあります。

 

・クリスタルガイザー シャスタ産
 表記の多くが「クリスタルガイザー」「マウント・シャスタの湧水」
 など日本語表記になっている。

 

・クリスタルガイザー オランチャ産
 表記が英語表記になっている。

 

 

その他、クリスタルガイザーの見分け方として、成分の違いがあります。

 

・クリスタルガイザー シャスタ産
 硬度 38mg/L、バナジウム  5.5μg 

 

・クリスタルガイザー オランチャ産
 硬度 67mg/L、バナジウムは含まれていない

 

 

シャスタとオランチャの硬度の違いは、含まれるミネラルの含有量が
違うということが原因です。

 

ミネラルの含有量の違いが分かれば、硬度の違いやクリスタルガイザー
の見分け方も分かります。

 

どちらも軟水で日本人には飲みやすいのですが、個人的には硬度が
より低いクリスタルガイザー シャスタ産のほうがミネラルか
少ないのでくせがなくすっきりした味かもしれません。

 

 

クリスタルガイザーの見分け方の参考、クリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザー シャスタ産正規輸入品エコボトル 水(500mL*48本入)【rdkai_04】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[水 ミネラルウォーター 500ml 48本]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】

 

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの味と臭いの違い

クリスタルガイザーは産地によって、成分や硬度、味などが違います。

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの味と臭いの違いは、
どのようなものか,購入者の口コミから調べてみたいと思います。

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの味の違い

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの味の違いについて、
購入者の口コミを調べました。

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの口コミ

 

・いつも飲んでいるオランチャ産ですが、クセがなく後味に残らない。

 

・オランチャでもおいしいと思います。

 

・シャスタとオランチャ、ともに飲みやすいです。

 

・前回はオランチャ、今回はシャスタですが、シャスタの方が美味しいです。

 

・シャスタの方がわずかにマイルドな感じがします。

 

・オランチャとシャスタ、どちらもおいしい。

 

・シャスタが届いたが、味はさっぱりとしておいしいです。

 

・シャスタのほうが甘味を感じるが、オランチャでも横浜の水道水よりおいしい。

 

・オランチャ産ですが、くせがなくおいしくて飲みやすい。

 

・シャスタとオランチャ、味の違いは分かりません。

 

・シャスタは雑味がほとんどないが、オランチャは微妙な味がします。

 

・オランチャは美味しくないです。

 

・味の違いが分かるので、シャスタの水のほうがおいしいです。

 

・シャスタ水源はたいへん美味しいが、オランチャ水源はいいところがない。

 

・オランチャ産は普通の水、シャスタ産はやわらかな味です。

 

味の違いについての口コミのまとめ

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの味については、
クセがなくおいしく飲みやすいという口コミが多いようです。

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャは、ともに日本の水に多い軟水
であるため、日本人にはさっぱりとした飲み慣れた味であると思います。

 

しかし両者を飲み比べると、シャスタ産のほうがおいしいという口コミが
多いようです。

 

ただし、このおいしさの違いは味の違いが分かる人に限られます。

 

クリスタルガイザー シャスタとオランチャの臭いの違い

 

クリスタルガイザー オランチャの口コミ

 

・オランチャ産が届いたが、味、臭いとも問題がなくおいしい。

 

・何回か購入しているが、オランチャでこんなに臭いが気になったことはない。

 

・オランチャは化粧品のような臭いがある。

 

・オランチャの水と容器は、異様な香りがする。

 

臭いについての口コミのまとめ

 

臭いについては、オランチャの口コミに少数ありました。

 

クリスタルガイザーオランチャには何かの臭いが付いている場合があり、
送られてきたダンボールの匂いが移ったのか、という口コミもありました。

 

クリスタルガイザー シャスタには調べた限りでは臭いについての口コミが
なかったので、正規輸入品である殺菌、検査体制が厳格なシャスタ産は
安心して飲用できそうです。