クリスタルガイザー シャスタ

軟水と硬水、体にいいのはどちらのミネラルウォーターか?

ミネラルウォーターは軟水と硬水に分類されますが、
体にいいのはどちらでしょうか?

 

 

カルシウムとマグネシウムのミネラル量が少ない水が軟水、
ミネラル量が多い水が硬水です。

 

 

日本のほとんどのミネラルウォーターや外国産のミネラルウォーターの一部は軟水です。

 

 

ヨーロッパでは石灰質の地層が多くそのミネラルが長い年月をかけて溶け込むので、
硬水が多くなっています。

 

 

軟水は日本人にはさっぱりとして飲みやすく水分補給に適していますが、
ミネラル量が少ないためミネラル補給の点では硬水よりあまり健康効果は期待できません。

 

 

しかし軟水に含まれている微量ミネラルが体にいい場合があります。
クリスタルガイザー シャスタに含まれている超微量元素バナジウムの、
血糖値を下げる作用やコレステロール値、中性脂肪値の改善効果が注目されています。

 

 

軟水はミネラル量が少ないため体に対する負担が少ないので、赤ちゃん、
老人、腎臓の機能が落ちている人、胃腸の弱い人、体力が低下している人、
疲れやすい人、むくみやすい人などに適しています。

 

 

また就寝前と起床時に飲む水は軟水がよく、心筋梗塞、脳梗塞などの予防になります。

 

 

睡眠中は汗をかいて体内の水分が少なくなり血液の粘度が高くなるため、
体内の血液循環が悪くなります。

 

 

そのため夜や朝に心筋梗塞、脳梗塞などを招きやすくなります。

 

 

睡眠中は腎臓の機能が低下するので、体に対する負担がかからない
クリスタルガイザー シャスタのような軟水が適しています。

 

 

軟水はミネラルが少ない分、浸透性が高いので、老廃物の排出、血液循環促進が
速やかに行われます。

 

 

就寝前と起床時に軟水をコップ1杯飲むと水の血液循環促進作用によって、
睡眠中のコレステロールや中性脂肪の濃度が高い血液が薄まり血液循環がサラサラになります。

 

 

水は寝る前に飲むと緊張感を少なくし入眠効果もあります。

 

 

ミネラル補給の点では、軟水と硬水のうち体にいいミネラルウォーターは硬水です。

 

 

普段からアルカリ性の硬水を飲用している地域では、
100歳を超える長寿の人が少なくありません。

 

 

ミネラル量が多い硬水は脳梗塞や心筋梗塞等を予防し、ダイエット効果もあります。

 

 

ミネラルの中でもカルシウムの豊富な硬水は高血圧や動脈硬化などの予防に役立ちます。

 

 

しかし硬度の高い硬水は腎臓に障害がある人、胃腸の弱い人、体調を崩している人、
就寝前と起床時の飲用などには体に負担がかかるので向きません。

 

 

軟水と硬水のうち体にいいミネラルウォーターは、
自分の体力、体調などに適した水を選ぶことが大事です。

 

 

⇒就寝前と起床時にクリスタルガイザー シャスタ