クリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザーは軟水か硬水か?

クリスタルガイザーは軟水であり硬水ではありません。

 

WHO(世界保健機関)基準では、水1リットルに含まれている
カルシウムとマグネシウムの量を表す硬度が120mg未満を
軟水、120mg以上を硬水といいます。

 

 

クリスタルガイザーはシャスタ産(正規輸入品)とオランチャ産
(並行輸入品)に大きく分けることができます。

 

 

クリスタルガイザーシャスタ産の硬度は38mg/L、オランチャ産
の硬度は67mg/Lです。

 

 

どちらの硬度も120mg未満ですので、クリスタルガイザー
は軟水であり硬水の分類には入りません。

 

 

 

日本はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが少ない軟水
が多く、ヨーロッパではミネラルを豊富に含む硬水が多くなって
います。

 

 

軟水はまろやかで飲みやすく飲用や料理、お茶やコーヒー、
赤ちゃんの粉ミルク用に適しています。

 

 

硬水はマグネシウムの量が多いほど、どろりとした重々しい
感じがあり、軟水に慣れている日本人には飲みにくい味です。

 

 

クリスタルガイザーシャスタ産は軟水で硬水ではないので、
日本人には飲みやすく水分補給に適しています。

 

 

硬水は一般に飲みにくいですが、カルシウムやマグネシウム
などのミネラルが多いために、健康の維持や増進に適して
います。

 

 

しかしマグネシウムを多く摂りすぎると下痢を起こすことがあり、
腎臓が悪い人や疲れやすいなどの体力のない人には体に負
担をかけることもあります。

 

 

ミネラルウォーターのボルヴィック(硬度60mg/L)は軟水、
ヴィッテル(硬度307mg/L)、エビアン(硬度304mg/L)は
硬水です。

 

 

⇒クリスタルガイザーシャスタ産は飲用に適している!