クリスタルガイザー シャスタ

硬度38mg/lとは?ミネラルウォーターの軟水と硬水の見分け方

硬度38mg/lとはクリスタルガイザー シャスタの水の硬度です。

 

 

硬度はカルシウムとマグネシウムの量から算出されます。

 

 

雨や雪が地上に降り地層を通ると、水の汚れがろ過されると同時にミネラル分を吸収します。

 

 

その水のミネラル分のカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものを硬度といいます。

 

 

WHO世界保健機関では水1Lに含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したもの(硬度)が
120mg未満は軟水、120mg以上を硬水と呼びます。

 

 

概していえばミネラルが少なく硬度が低い水が軟水、ミネラルが多く硬度が高い水が硬水です。

 

 

ミネラルウォーターの軟水と硬水の見分け方はこの基準によると硬度38mg/lは軟水になり、
クリスタルガイザー シャスタは軟水の水ということになります。

 

 

水の硬度は次の計算式から算出します。

 

 

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4.1)

 

 

たとえばシャスタ産はカルシウム量6.4mg/l、マグネシウム量5.4mg/lですので、
この数字を上の計算式に入れて計算すると、
16+22.14=38.14mg/lの硬度になります。

 

 

ミネラルウォーターのラベルに硬度の表記がない場合のミネラルウォーターの軟水と硬水の見分け方は、
上記のようにカルシウムとマグネシウムの量から計算すれば硬度が算出されます。

 

 

カルシウムとマグネシウムの量は地層や環境によって異なるため、硬度は水源によって異なります。

 

 

日本に軟水が多いのは、国土が狭く水の流れが速いので地層に浸透する時間が短いため
ミネラルの吸収が少なくなるからです。

 

 

ヨーロッパの地層はミネラルが多く、水が長い時間をかけて浸透するので硬水が多くみられます。

 

 

硬度によってミネラルの量が違うため水の味や特徴も水源によって異なります。

 

 

軟水はミネラルの量が少ないため美味しいので飲みやすく、体に負担をかけません。

 

 

硬水はミネラルの量が多いため重い感じがして慣れていないと飲みにくくなり、
マグネシウムが多い硬水ほど重たい感じや苦みが多くなります。

 

 

しかしミネラル補給の点では健康効果が高いのが特長です。

 

 

⇒水分補給に適する硬度38mg/lの美味しいクリスタルガイザー シャスタ