クリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザーシャスタと水道水との違い

クリスタルガイザーシャスタと水道水との違いの一つは、塩素の注入
です。

 

 

水道水は衛生面から消毒のために塩素を入れています。

 

 

水道法では蛇口での残留塩素濃度を0.1mg/L以上保つことを定め
ています。

 

 

他方で味やにおいの問題で塩素濃度の上限を1mg/L以下の目標値
もあります。

 

 

残留塩素の濃度が高すぎるとカルキ臭の原因となり、水のおいしさを
感じることはできません。

 

 

東京都水道局ではおいしい水を供給するために残留塩素濃度を
必要最低限の0.1mg/L以上0.4mg/L以下としています。

 

 

水道水に入れている塩素は、病原微生物の消毒や食中毒の予防と
いう役目があります。

 

 

そのため水道水はその安全性が高いということと経費が安いという利点
もあります。

 

 

しかし都会では水道水がおいしくないという感じがあったり、消毒のため
に注入している塩素の臭いが気になる場合もあります。

 

 

クリスタルガイザーシャスタと水道水との違いの一つは、この塩素の注入
による自然のままのおいしさの違いです。

 

 

クリスタルガイザーシャスタは山や氷河から湧き出た水を直接ボトリング
しているため、純粋で清らかさが魅力です。

 

 

源泉からそのままボトリングしているので水の品質と鮮度を保つことが
できます。

 

 

水源の上流では人工的な活動はなく水源は保護されています。

 

 

水は直接氷河から山へ来ているので、水源からボトル工場の間には
本来の自然しかありません。

 

 

工場では源泉からパイプラインを引き品質保証のためのテストを毎日
行っています。

 

 

またクリスタルガイザーシャスタの殺菌方法については、ろ過フィルター
による除菌を採用しており塩素は注入していません。

 

 

この点もクリスタルガイザーシャスタと水道水との違いです。

 

 

⇒清らかなクリスタルガイザーシャスタ