クリスタルガイザー シャスタ

クリスタルガイザー シャスタのカルシウム

クリスタルガイザー シャスタのカルシウムの量は、マグネシウムの量と合わせて、
水の硬度を計算する際の要素となっています。

 

 

硬度とは水1000mlに含まれているカルシウムとマグネシウムの量を示した数値です。

 

 

硬度の計算式

 

硬度(mg/L)=(カルシウムmg/L×2.5)+(マグネシウムmg/L×4.1)

 

 

硬度の数値が高い水はカルシウムとマグネシウムが多く含まれる硬水、
硬度の数値が低い水はカルシウムとマグネシウムが少ない軟水です。

 

 

WHO(世界保健機構)の基準では、硬度が120mg/L未満を軟水、硬度が
120mg/L以上を硬水としています。

 

 

カルシウムは人間の体内に最も多く含まれているミネラルです。

 

 

そのカルシウムの99%は骨や歯に含まれています。

 

 

残りの1%は体液中や筋肉、神経に含まれています。

 

 

この残りのカルシウムは、筋肉の収縮を促し、血液の凝固に役立っています。

 

 

また、心臓の働きを正常にしたり、高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症などを
予防します。

 

 

カルシウムが不足すると、生活習慣病や精神的な不安感を引き起こしやすく
なります。

 

 

日本のほとんどの水はカルシウムが少ない軟水ですので、日本人はカルシウム
不足になることが少なくありません。

 

 

カルシウムは成人で約600mg/日必要とされています。

 

 

軟水であるクリスタルガイザー シャスタはカルシウムが100mlあたり0.64mg
含まれています。

 

 

日頃から積極的にカルシウムを摂るには、カルシウムが豊富な硬水のミネラル
ウォーターが適しています。

 

 

⇒クリスタルガイザー シャスタはカルシウムは少量だが飲みやすい